授乳中のママをはじめ多くの女性に嬉しい効果があると話題のたんぽぽ茶

赤ちゃんには母乳が欠かせない、そうお考えのママさんやママになりたい女性は多いかと思います。しかしいざ母乳保育を始めようとすると意外に量が足りなかったり、乳腺炎になるなどトラブルが起こりがちだったりと、その難しさを痛感する方は少なくありません。そんな母乳に効果のある飲み物として今、たんぽぽ茶が注目を集めています。

いったいたんぽぽ茶とはどういう飲み物なのでしょう。母乳への作用も含め見ていきたいと思います。たんぽぽ茶とはその名の通りたんぽぽの根を焙煎して作られたお茶です。鉄分やカリウムといったミネラルを豊富に含み、貧血やむくみに良い効果をもたらすと言われています。

そんなたんぽぽ茶の効果の中に血の巡りの改善があります。母乳の原料は血液なので、血の巡りがよくなれば母乳の分泌も改善されることが期待できるのです。血の巡りの改善は冷え性対策にも効果が期待できます。またたんぽぽ茶には肝臓の働きを改善するタラキサシンなどの栄養素が含まれています。肝臓の働きが正常化されれば、エストロゲンの過剰な分泌が抑えられホルモンバランスが整うことになり、母乳を出すホルモンであるプロラクチンの働きを改善する効果が期待できるのです。

たんぽぽ茶はお茶につきもののカフェインが含まれていないので、授乳中のママにはさらに嬉しいところです。たんぽぽ茶は日本たんぽぽや西洋たんぽぽといったよく見られるたんぽぽの根を採取し自分で作ることも可能ですが、意外と手間がかかるため、市販品を買い求めるのも一つの方法です。現在では様々なたんぽぽ茶製品が発売されているので、味や配合成分を見比べて自分に合ったたんぽぽ茶を選ぶことが可能です。思うように母乳が出ないとお悩みなら、たんぽぽ茶は一度は試していただきたい飲み物です。

とはいえ、実際に効果があるかは気になる所です。
参考のクチコミ情報:たんぽぽ茶の口コミとランキング
こちらの記事のように本当に効果があったか解らないという方もいらっしゃいますので。